07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

サマースクール前日 

注:前の記事にあるデッキを先に見てくれるとうれしいです。


ついに明日からサマースクールです。よって数日更新ができません。

ということで、今回の更新は「4~5日分」を目指して書きます。

なので毎日小分けにして読んでくれるとうれしいです(別に一気に読んでもらってももちろんかまいません)

まずは昨日の大会の反省や思ったことを・・・。

前の記事を読んでもらった方ならわかると思いますが、昨日ハイドロハリケーンで準優勝しました。

その中で活躍したカードはやはり「キングアルカディアス」でした。

私が今の環境で強いと思っているのは、

・青単速攻
・ネクラギャラクシー
・キリコPG
・ロマノフサイン
・ロマネスクリアニメイト
・ドルゲーザ
・マルコビート
・カウンターヒャックメー
・5CC
・HDM絡みのデッキ
などなど・・・

他にも上記のデッキ以外でも強いデッキはもちろんあります。

で、何が言いたいのかというと、

ほぼすべてのデッキにキングアルカディアスはある程度刺さるということです。

当たり前ですが、刺さる程度はデッキによってまちまちです。

ですが、キングが場に出るとだいたいの人はまず破壊を狙ってくるでしょう。

放っておくと他のクリーチャー(クイーンやデルフィン)と強力なロックを形成してこちらが動けなくなるかもしれません。

もちろん「ドルボラン」など、ロックを破れるクリーチャーもいますが、そう都合よく手札にあるとはかぎりませんよね。

そうなると、手遅れになる前にキングをつぶそうとしてきます。

ドローを繰り返して「デーモンハンド」などを引くか、手札にあるならそれを使ってきます。

つまりその間は相手にとっては「やりたいことよりもやらなければならないことをやっている」ことになります。

つまりそのデッキ本来の動きが止まるわけですね。

また、キングに除去カードを使わせることで他のクリーチャーを「守る」こともできます(私はよくロリエスを守ってます)

ここらへんがキングの強いところじゃないでしょうか?いやまあ、反論はいろいろあると思いますけどね・・・。

昨日は1発目のハイドロハリケーンを打った後にこいつを立てて2発目までの時間を稼いだりしていました。(次元の霊峰でも持ってこれますしね)

ということで結論

きっちり考えて投入するならキングは単体でも十分に強い



自分が今使っているデッキをいくつか紹介します。

IN THE VAST HOPE OF SUCCESS
不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー×1
光牙忍ハヤブサマル×3

スペース・クロウラー×2
ストーム・クロウラー×1
サイバー・ブレイン×1

威牙の幻ハンゾウ×2
ソウル・アドバンテージ×1
ロスト・ソウル×1
デーモン・ハンド×2

地獄スクラッパー×2
西南の超人×3
万象の超人×2
土隠雲の超人×1
フェアリー・ライフ×4
フェアリー・ミラクル×2

剛撃戦攻ドルゲーザ×4
鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス×1
焦土と開拓の天変×2
英知と追撃の宝剣×1
魂と記憶の盾×1
雷撃と火炎の城塞×1
ラスト・バイオレンス×2

さて、御覧の通り5色ドルゲーザです。

もともと私は前回の殿堂前は宝剣3枚積みのドルゲーザを使っていました(前にも言いましたが・・・)

しかし宝剣の殿堂。切り札を失いました。

そのころから宝剣に代わる呪文はないもんかと探しておりました。

そして最近発見しました。その名も「ラスト・バイオレンス」

この呪文、宝剣以上のスペックを持っているのですが、5色orz

正直最初はあきらめていました。

しかし、最近なにかの拍子に作ってみるとフェアリーミラクルが強かったのでなんとか形になりました。

赤と白はタッチ感覚で5色そろえようとすると、スペースクロウラーの効果などで拾ってくる等の配慮をしなければいけません。

ですが、回れば強い。説明しきれないスペックがこのデッキには存在します(と思ってます)

デッキ名はUVERworldのEMPTY96の歌詞の一部から(たぶん誰もわからん)

・・・時間切れのようです。それでは25日以降にまた更新します。

それではサマースクールにいってきます。

・・・まだ時間あるんでもうちょっと更新

さっきのデッキの解説を少しします。

理想はやはり2→4→5でドルゲーザですが、たぶん無理ですwww

やっぱり色が5色ともなると回りません。ホントに回りません。

となるとフェアリーライフとフェアリーミラクルによるブーストが序盤の要となります。

やっぱりマナが増えるとそれだけ色がそろう可能性は上がりますし、ドルゲーザも出しやすくなります。

あと機会は少ないですが万象の超人もいい感じです。場合によっては5色そろって無くてもミラクルをうって3→5の流れに持っていってもいいです。ここらへん最初の手札次第です。

そんなこんなでドルゲーザが出てからはその過剰なドローから多色ならではの強力な呪文を毎ターン連打して制圧します。

5色なのでランデスには弱いです。周りにランデスがいるならテルスを積んでもいいかもです。トリッパーには無意味ですが・・・。

あと今回投入は見送りましたが、ジェニーやパクリオも強いです。そこらへんは個人差ですね。

次のデッキ

THERE IS THE SERCRET IN THE WORLD
エンペラー・マルコ×4
クゥリャン×4
チェレンコ×4
クリスタル・アックス×3
超電磁マクスウェルZ×2
サイバー・ブレイン×1
アクア・サーファー×2
斬隠テンサイ・ジャニット×3
大勇者「ふたつ牙」(デュアル・ファング)×3
青銅の鎧×4
幻緑の双月(ドリーミング・ムーンナイフ)×4
奇兵の超人(タカスギ・ジャイアント)×2
密林の総督ハックル・キリンソーヤ×2
ナチュラル・トラップ×2


えっと、兼ねて言ってたように2色マルコビートです。

2色に絞るメリットとしては
・色事故が少ない
・青と緑のキーカードを多く積めること

でしょうか・・・。

ということでメリットを生かす構成にしてみました。

アックスも3枚積めますし、ハックルも緑マナを削るのであまり3、4色のマルコビートでは見かけませんが、2色ならそれほど気になりません。

また、奇兵の超人が強い強い。場合によっては二つ牙よりも優先して出します。

ハックルやアックス、マクスウェルをサーチしてこれます。ジェニーが怖いので2枚ともサーチしてきましょう。ロストソウルは無視します。

PG対策のためになるべく早期に相手のシールドを2枚以下にしておきましょう。後はアックスがなんとかしてくれます。

総じてシンプルなデッキですのであんまり頭も使いません。マルコ持ってる人は一度試してみてください。強いから。

デッキ名はゲーム「リトルバスターズ」のキャッチコピー?から。結構好きなフレーズです。

もう一個、さすがに時間がないので概要のみで。

デッキ名「The faith, Enormous, Expanding

赤無しの4色アルファディオスです。

いつぞやの動画で使っている除去アルファディオスの最大の欠点である「遅い」というところを緑をいれて補っています。

後は普通PG型コントロールを組むつもりで、呪文回収にアルシアを、除去にホワイトヘヴンを投入するだけです。

紋章が使えるのでアルファも若干出しやすいです。

デッキ名はUVERworldの神集めの歌詞の一部より(こっちはさらにわからん)

ちょっと世間話を。

それからどうやら今度の公式大会は冬との噂。どうなるんでしょうか?

というかそれまでにPG殿堂しろよ。頼むから。マジで。

あ、そうそう、デッキ名が全部わかる人、友達になってくださいwww

それじゃあ今度こそ本当に行ってきます。
スポンサーサイト

[edit]

« 一日早く帰還  |  7月19日大会レポートと感謝と »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mirenotoride.blog78.fc2.com/tb.php/23-811a543f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。